演劇学

音楽学も演劇学もともに我が国の総合大学の中に位置づけられているという点で数少ない存在です。ともに音楽文化、演劇文化全般を広く扱い、いわゆる「クラシック」音楽や民族音楽から日本古典音楽、ポップ・ミュージックまで、また西欧演劇や日本古典演劇からミュージカルやバレエまで、それらを広く表演芸術(パフォーミング・アーツ)としてとらえて、音楽史演劇史的にはもちろん、人類学や社会学また美学や文学などの隣接諸科学との関係の中で研究を進めています。ここには多くの大学院生が所属しており、それぞれの専門領域の研究に熱心に取り組んでいます。専門領域や知的背景を異にする多くの院生たちは、日々の講義や演習を通して互いに刺激しあい、学会での口頭発表や論文執筆をする一方で、それぞれにコンサートや演劇上演など実際に関わる機会も少なくなく、研究の社会的広がりを常に念頭において活動しています。

教員紹介

教授 永田 靖 准教授 中尾 薫 准教授 古後 奈緒子(兼任)

教授 永田 靖

ながた やすし
1957年生。1981年上智大学外国語学部ロシア語学科年卒業,1988年明治大学大学院文学研究科演劇学専攻博士課程単位取得退学。日本学術振興会特別研究員、明治大学人文科学研究所客員研究員、鳥取女子短期大学助教授を経て、1996年から現職。
専攻:演劇学
p_nagata2021.jpg
研究紹介
現代の演劇理論を土台にして、20世紀におけるモダン・シアターの展開過程を歴史的理論的に究明しています。とりわけ、ヨーロッパの近代演劇とロシア、日本との間の演劇的な接触現象に興味があり、現在は、ロシア及び日本のモダニズム以降の演劇のアジア的様態を、アジアの演劇研究者との共同研究を通じて解明しています。他方、パフォーマンス・スタディーズとドラマ研究の統合にも関心があり、演劇理論の現代的展開にも強い関心をもっています。
メッセージ
世界中の演劇の遺産は多大なものがありますが、残念ながらそれらを鑑賞することは、例えば絵画や文学のようにはできないのが、演劇研究の面白いところです。現在上演されている演劇も、上演が終われば基本的には過去のものになってしまいます。そんな過去の中にしかない演劇という把え難い芸術に、研究を通して未来の人間の姿を読み取ることは、知的な興奮を覚えることだと思います。
主要業績
Adapting Chekhov: The Text and its Mutations, Routledge, 共著2012 ;The Local Meets the Global in Performance, Cambridge, 共著2010 ;Theatre and Democracy, coauther, Rawat Publishers., 共著2008 ;『アヴァンギャルドの世紀』(共著、宇佐美斉編京都大学人文科学研究所研究報告、京都大学学術出版会、2001);『日本の芸術論』(共著、ミネルヴァ書房、2000);『演劇論の現在』(共著、西洋比較演劇研究会編、白凰社、 1999); 『ヨーロッパ演劇の変貌―ゲオルグⅡ世からストレーレルへ』(共著、山内登美雄編明治大学人文科学研究所叢書、白凰社、1994)
概説・一般書
『演劇論の変貌』(共訳、論創社、2007);『演劇学のキーワーズ』(共著、ぺりかん社、2007);『20世紀の戯曲Ⅲ』(共著、社会評論社、2005);『セルゲイ・パラジャーノフ』(共訳、国文社、1998);『ポストモダン文化のパフォーマンス』(共訳、国文社、1989);『アンドレイ・タルコフスキー:映像の探究』P・グリーン著(共訳、国文社、1994);『現代思想を読む辞典』(共著、講談社、1988);『格闘する現代思想』(共著、講談社1992);『シネアストの現在』(共著、洋泉社、1990)

2021年 7月更新

准教授 中尾 薫

なかお かおる
1978年生。2001年、奈良女子大学文学部言語文化学科日本アジア言語文化学卒業、2008年、大阪大学大学院文学研究科(演劇学)博士後期課程修了。博士(文学)。2009年、早稲田大学坪内博士記念演劇博物館助手。2011年、大阪大学大学院文学研究科専任講師を経て、2014年4月より現職。
専攻:演劇学、能楽研究。
p_nakao
研究紹介
とくに江戸時代中期、十五世観世大夫元章の能楽改革〈明和の改正〉の分析、とくに田安宗武の影響についての考察。これは修論から追いかけているテーマで、わたしのライフワークです。最近は、明治・大正期における能楽の近代化や能楽改良の諸問題について、そのほか無形文化遺産としての能と昆劇の比較研究、能の身体技法についても手をひろげて研究をしていますが、最終的には、江戸幕府時代における能楽の発達史・沿革史に帰っていきたいと考えています。
メッセージ
伝統芸能を研究していると、 重層的な過去という地層の上に現在の事象があることを痛感します。そして、それぞれの環境やかかわった先人たちの創意工夫の異相性とともに、時代を経ても 変わらない核のようなものを発見・認識できたとき、そこには未来への指針が隠されているように思います。芸能という形態によって結実する人間の営みをひもとき、その意義を解明し伝えられるように、みなさんと一緒に修練していきたいと考えています。
主要業績
【共著】泉紀子編『新作能 マクベス』(2015年、和泉書院)、松岡心平編『観世元章の世界』(2014年、檜書店)、【論文】「福王流平岡家一門の素謡番組―近代における京都素謡会の片鱗―」(『謡を楽しむ文化―京都の謡の風景』2016年10月)など。
概説書・一般書
「観世文庫の文書85 観世正宗極并伝来書」(『観世』83巻4号、巻頭、2016年4月)、「観世元章の革新と明和改正謡本」(『国立能楽堂』383号、2015年7月)、「能《実盛》と老後の思い出」(『廣田鑑賞会能』パンフレット2015年10月)な ど。

2018年 8月更新