アート・メディア論

本コースには大きく言ってふたつの柱があります。ひとつめの柱は、映像・空間メディア・サイバーメディア等これまで人文学や芸術学の分野では十分に扱われてこなかった領域、新しく形成され社会的重要度を高めつつある領域の研究拠点を形成し、現代アート・メディアの諸問題を専門的かつ実践的な視点から教育していくことです。ここでは既存の芸術論の枠を超え、社会的現実により密着したメディア・リテラシー等の理論学習をおし進める一方、コンピュータによるメディア処理能力を高めるための実習をも合わせて行うことが主要な目的となります。ふたつめの柱は、文化政策もしくは芸術計画に関する多角的研究です。つまり絵画・演劇・映画・文学テクストといった芸術作品を自律したものとしてとらえるのではなく、アート・メディア全般の製作および受容の具体的プロセスに着目することによって、その文化的・社会的な機能の解明をめざすわけです。ここでは作品の分析や解釈以上に、作品を刊行・公開・上演する際の政策(ポリシー)とシステム、およびそれらを介した作品と受容者との力動的な関係が問題の中心に据えられます。

前者が多岐にわたるアート・メディアのいわば「中身」を扱うのに対して、後者は作品そのものではなく作品の「外側」あるいはそれが位置すべき「環境」を問題にすると言ってよいかもしれません。ただし本コースに所属する学生諸君はどちらか一方を専攻すると言うより、むしろ2本の柱をともども自らの支えとすることで、最終的には芸術的実践をモデルにした人間と社会との連携を各人なりに模索し構想する水準にまで到達する(少なくとも到達すべく努力する)ことが求められるでしょう。

以上の理念に基づき、本コースはアート・メディアに関する深い理解と幅広い知識(既存の学問的ディシプリンを含む)を身につけ、専門性と実践的能力を生かしつつ社会で活躍できる人材の育成をめざします。

教員紹介

教授 永田 靖 教授 圀府寺 司 教授 藤岡 穣 教授 輪島裕介 教授 桑木野 幸司 准教授 古後 奈緒子 准教授 東 志保

教授 永田 靖

ながた やすし
1957年生。1981年上智大学外国語学部ロシア語学科卒業。1988年明治大学大学院文学研究科演劇学専攻博士課程単位取得退学。日本学術振興会特別研究員、明治大学人文科学研究所客員研究員、鳥取女子短期大学日本文化学科助教授を経て、1996年より現職。
専攻:演劇学
p_nagata2021.jpg
研究紹介
演劇はいつの時代にもどの国にもあります。それらは芸術としてばかりではなく、社会的な営みとしての意味や機能を持っているものも少なくありません。演劇的な出来事は、芸術としての演劇以外にも政治や経済、スポーツなど様々な領域でも営まれています。また同時に、個人の演劇的な身振りや振舞い、また態度は、私たちの日常生活や社会生活の中にも満ちています。そんな芸術的領域と芸術外的領域にまたがって存在する演劇的事象を理論的に実践的に検討することです。そのことで演劇という芸術が広い裾野と多義性を持つものであることを理解したいと思います。
メッセージ
芸術は私的なアイデンティティの発露の場であると同時に、作り手と受け手の意識の交流の産物でもあります。言い換えれば、芸術は特定の社会的コンテキストの支配から自由ではありません。そこには現代世界の抱える様々な問題が集約的に潜んでいるはずです。演劇やパフォーマンス・アート、様々な文化現象とそれを生み出している文化的背景との関係を、文化政策論やアート・マネジメント論を通して考えて行きます。
主要業績
Adapting Chekhov: The Text and its Mutations, Routledge, 共著2012 ; The Local Meets the Global in Performance, Cambridge, 共著2010 ;Theatre and Democracy, coauther, Rawat Publishers., 共著2008;『アヴァンギャルドの世紀』(共著、宇佐美斉編京都大学人文科学研究所研究報告、京都大学学術出版会、2001);『日本の芸術論』(共著、ミネルヴァ書房、2000);『演劇論の現在』(共著、西洋比較演劇研究会編、白凰社、 1999); 『ヨーロッパ演劇の変貌―ゲオルグⅡ世からストレーレルへ』(共著、山内登美雄編明治大学人文科学研究所叢書、白凰社、1994)
概説・一般書

『演劇論の変貌』(共訳、論創社、2007);『演劇学のキーワーズ』(共著、ぺりかん社、2007);『20世紀の戯曲Ⅲ』(共著、社会評論社、2005);『セルゲイ・パラジャーノフ』(共訳、国文社、1998);『ポストモダン文化のパフォーマンス』(共訳、国文社、1989);『アンドレイ・タルコフスキー:映像の探究』P・グリーン著(共訳、国文社、1994);『現代思想を読む辞典』(共著、講談社、1988);『格闘する現代思想』(共著、講談社1992);『シネアストの現在』(共著、洋泉社、1990)


2021年 9月更新

教授 圀府寺 司

こうでら つかさ
1957年生。大阪大学文学部西洋美術史専攻修了、アムステルダム大学Doctor der Letteren(文学博士、アムステルダム大学)。広島大学総合科学部講師・助教授、大阪大学文学部助教授を経て現職。
専攻:西洋美術史/アート・メディア論
p_koudera2018 .jpg
研究紹介
西洋美術史においては「近代美術史とユダヤ」「美術市場研究」 など、従来のナショナリズム的美術史に枠におさまらない越境的領域を研究する一方、美術館、批評、美術史学、画商、伝記映画など、「美術作品」や「美的体験」を支える制度、言説、メディアを主な研究対象とする。
メッセージ
社会主義の後退とサイバースペースの出現は、21世紀型の新しい研究と実践スタイルを要求しつつあります。従来の芸術諸学の枠組みに収まりきらない領域に関心を持つ人たち、従来の研究者の枠におさまらない生き方を求める人たちとともに、新しいコース、新しいスタイルを創っていきたいと考えています。サイバーメディア論、都市論、アニメ、ゲーム、アート・マネージメント、芸術の経済学、オタク、ロスジェネ論など、新しい分野に関心のある人、従来の人文学の核にあった「読書と著作」にとらわれない研究スタイルと発信メディアを探索する人のための場を作っていきたいと考えています。
主要業績
Vincent van Gogh: Christianity versus Nature (John Benjamins、1990);The Mythology of Vincent van Gogh(TV Asahi、John Benjamins、1993);「アムステルダム国立美術館 (Rijksmuseum) その成立の背景と象徴的意味」(『比較文化研究』12、1989);『西洋美術研究』第4号「特集 美術史とユダヤ」(2000);「展覧会と展示」『西 洋美術研究』10 (2004);「ファン・ゴッホ 孤高の画家の〈現〉風景 グローバル・メガ・マーケット時代のお色直し」『美術手帖』(2005);『アヴァンギャルド宣言 中東欧のモダニズム』(共編著、三元社、2005);『ファン・ゴッホ 自然と宗教の闘争』(小学館、2009)
概説・一般書
『ゴッホ展Vincent & Theo van Gogh』カタログ(編著)北海道立近代美術館・兵庫県立美術館、2002年;『西洋美術研究 特集:美術史とユダヤ』第4号、2000年(編著);『西洋美術研究 特集:イコノクラスム』第6号、2001年(編著);『ゴッホ展―孤高の画家の原風景』東京国立近代美術館他、2005年(企画、編集); 『ゴッホ 西洋絵画の巨匠2』小学館、2006年3月;『もっと知りたいゴッホ 生涯と作品』東京美術、2007年12月25日;『ゴッホ 日本の夢に懸けた芸術家』角川文庫、2007年9月25日;『ああ、誰がシャガールを理解したでしょうか?』大阪大学出版会、2011年。

2021年 9月更新

教授 藤岡 穣

ふじおか ゆたか
1962年生。東京芸術大学大学院修士課程修了。芸術学修士。大阪市立美術館学芸員、大阪大学大学院文学研究科助教授、同准教授を経て、2009年4月より現職。1991年に第3回国華賞、2014年に大阪大学総長顕彰受賞。
専攻:東洋美術史
p_fujiokayu2019.jpg
研究紹介
東アジアの仏教美術を、主に様式と技法という美術史固有の研究手法によりながら研究している。特に近年は金銅仏について、成分分析をはじめとする科学的調査に基づいて制作地・年代を再検討する研究を行ってきた。今後は新たに人工知能による仏像の様式解析も試みたいと考えている。なお、様式や技法にしか関心がないわけではなく、日本では聖徳太子や山岳信仰に関わる美術、中国ではソグドに関わる美術について、彫刻と絵画のジャンルを超えた、そして文学や歴史学などの隣接諸学と連携した研究も行っている。
メッセージ
美術史は感覚的な研究だと思われるかもしれない。美術史を学ぶには確かに感性も必要だが、基本的な研究のあり方は歴史学と共通する点が多い。異なるのは文字よりモノから知り、考えるという点。私たちの生活を振り返ると、文字よりもモノにあふれている。そのモノの発するメッセージに耳を傾けること、モノとの対話が美術史の根幹であり、醍醐味だと思っている。なお、日本・東洋美術史の専門分野で大学院に進学する学生は、多くが学芸員を目指している。
主要業績
「飛鳥寺本尊 銅造釈迦如来坐像(重要文化財)調査報告」(『鹿苑雑集』19、2017年)、「曹仲達様式の継承――鎌倉時代の仏像にみる宋風の源流」(アジア遊学208『ひと・もの・知の往来 シルクロードの文化学』、2017年)、「中国南朝造像とその伝播」(『美術資料』89、2016年)、「興福寺南円堂四天王像の再検討―新たな運慶イメージの構築―」(『フィロカリア』30、2013年)、「興福寺南円堂四天王像と中金堂四天王像について」(『国華』1137・8、1990年)。
概説・一般書
『週刊朝日百科 国宝の美28 彫刻11 快慶と定慶』(朝日新聞出版、2010年)、秋田茂・桃木至朗編『歴史学のフロンティア 地域から問い直す国民国家史観』大阪大学出版会、2008年)、茨木市史編さん委員会『新修 茨木市史 第9巻 史料編 美術工芸』(茨木市、2008年)、大阪市立美術館監修『聖徳太子信仰の美術』(東方出版、1996年)、以下展覧会カタログ『アンコールワットとクメール美術の1000年展』(大阪市立美術館ほか、1997年)、『中国の石仏 荘厳なる祈り』(大阪市立美術館、1995年)、『国宝葛井寺千手観音』(大阪市立美術館、1995年)。

2020年 8月更新

教授 輪島 裕介

わじま ゆうすけ
1974年生。東京大学大学院人文社会系研究科(美学芸術学)博士課程単位修得退学。博士(文学)。日本学術振興会特別研究員、国立音楽大学ほか非常勤講師を経て、2011年4月より現職。
専攻:音楽学
p_wajima
研究紹介
民族音楽学・ポピュラー音楽研究。特に非西洋地域の大衆音楽について。現在の主要な関心はレコード産業成立以降の近代日本の音楽で、2010年に「演歌」というジャンルの形成についての著書を刊行しました。元々はブラジル北東部のアフロ系音楽について、ローカル/グローバルの相関という観点から研究してきました。最近は、現代日本のポップ・カルチャーの海外での受容や、ヨーロッパ・南米・アフリカ(場合によってはアジア)を結んで近年形成されつつある「ポルトガル語圏」音楽にも興味を持っています。
メッセージ
大衆音楽は、それぞれの地域・時代の社会構造やメディア編制や文化的価値体系のなかで、常に揺れ動いています。こうした「ナマモノ」を扱うには、相応の道具立てとそれを使いこなす知恵と技術が必要です。ポピュラー音楽研究は若い学問分野ですし、民族音楽学が「近代」を問題にしはじめたのも最近です。必然的に隣接領域からの「借り物」が多くなります。そして、借りたものは返す必要があります。生産的で知的な貸し借りを行ううえで、総合大学の文学部という環境は非常に望ましいものであると信じています。
主要業績
『創られた「日本の心」神話』(光文社新書、2010年、サントリー学芸賞受賞)、「クラシック音楽の語られ方」(渡辺裕・増田聡ほか『クラシック音楽の政治学』青弓社、2005年)、「音楽のグローバライゼーションとローカルなエージェンシー」(『美学芸術学研究』第20号、2002年)、「日本のワールド・ミュージック言説における文化ナショナリズム傾向」(『美学』第52巻4号、2002年)、「音楽による民族=地域的『文化』の創出―ブラジル・サルヴァドールの事例から」(『美学』第50巻4号、2000年)。
概説書・一般書
事典項目「現代の民族音楽学」「日本のワールドミュージック」「祝祭文化の政治性」(『事典・世界音楽の本』岩波書店、2007年)、事典項目「ライブ」「ワールドミュージック」(『音の百科事典』丸善出版、2006年)、論考「『はっぴいえんど神話』の構築」(『ユリイカ』2004年9月号)、論考「100%NEGRO?:現代ブラジルにおける『アフロ・アイデンティティ』の諸相」(『季刊エクスムジカ』第4号、2001年)。

2021年 4月更新

教授 桑木野 幸司

くわきの こうじ
1975年生。東京大学大学院工学系研究科修士課程修了(西洋建築史)。ピサ大学大学院博士課程修了。Dottore di Ricerca in Storia delle arti visive e dello spettacolo(文学博士(美術史)・ピサ大学)。Kunsthistorisches Institut in Florenz研究生を経て、2011年4月より現職。
専攻:西洋美術・建築・庭園史。
p_kuwakino2019.jpg
研究紹介
初期近代イタリアの庭園空間における知識の表象の問題を中心に、美術・建築・都市に関する諸テーマを広く考察対象とする。建築とは違い、庭は少しでも手入れを怠ると、たちまち形を失い、人が手を加える前の自然の姿に戻ってしまう。まさにそれゆえに、庭は文化のもっとも繊細な表現であり、各時代の芸術・思想を凝縮して体現する特権的な場として機能してきたといえる。そんな過去の庭の姿を生き生きと蘇らせ、美術・建築・哲学・文学・科学といった多様な領域が創造的に交錯する瞬間をとらえてみたいと考えている。
メッセージ
えてして美術史家は作品だけを見、建築史家は器だけを見る傾向にあります。でも、美術作品が置かれた「場所」にも注意を向けてみると、いろいろな発見があります。彫刻や絵画の展示空間としても使われることが多かった庭園や街路や広場といった屋外空間は、図面や写真を机上で眺めるのと、実際に自分の足で歩いてみるのとでは、ずいぶんと印象も変わってきます。常に視野を広くたもち、全身で考察対象を体感・経験してゆく、そんな軽やかで敏捷な知性を、美術史研究を通じて培ってほしいと思っています。
主要業績
Koji Kuwakino, "From domus sapientiae to artes excerpendi: Lambert Schenkel’s De memoria (1593) and the Transformation of the Art of Memory", in A. Cevolini (ed.), Forgetting Machines: Knowledge Management Evolution in Early Modern Europe, Leiden/Boston, Brill 2016, pp. 58-78.桑木野幸司『叡智の建築家:記憶のロクスとしての16-17世紀の庭園、劇場、都市』、中央公論美術出版、2013年;Koji Kuwakino, “The great theatre of creative thought: the Inscriptiones vel tituli theatri amplissimi … (1565) by Samuel von Quiccheberg”, Journal of the History of Collections, no.25(3), 2013, pp. 303-324;桑木野幸司、「天国と地獄の想起:C・ロッセッリ『人工記憶の宝庫』における視覚芸術からの影響について」、『西洋美術研究』、2013、No. 17、pp. 91-110;L’architetto sapiente: giardino, teatro, città come schemi mnemonici tra il XVI e il XVII secolo, Firenze, Olschki 2011.
概説・一般書
アンドルー・ペティグリー著、桑木野幸司訳、『印刷という革命:ルネサンス時代の本と日常生活』、白水社、2015年、稲川直樹、桑木野幸司、岡北一孝『ブラマンテ:盛期ルネサンス建築の構築者』、NTT出版、2014年;「建築的記憶術、あるいは魂の究理器械─初期近代の創造的情報編集術とムネモシュネの寵児たち─」『思想』(岩波書店), 2009年10月号, pp. 27-49;「プロスペローの苑:初期近代の幾何学庭園における世界表象」『建築と植物』INAX出版社, 2008年10月, pp. 146-168.

2021年 9月更新

准教授 東 志保

あずま しほ
1979年生。国際基督教大学比較文化研究科博士前期課程修了(比較文化)。パリ第三大学映画視聴覚研究博士(Docteur en Cinéma et Audiovisuel)。大阪大学文学研究科助教を経て、2021年4月より現職。
専攻:映像研究、比較文化論
p_azuma2021.jpg
研究紹介
専門は、フランス語圏を中心としたドキュメンタリー映画の研究ですが、特に間メディウム的な映像表現のあり方に関心を寄せています。フランス留学時代から、クリス・マルケルという映像作家の研究を続けていますが、近年は他の作家にも対象を広げて、映像における美学と倫理の共存や映像と言葉の交錯について考察することを課題にしています。
メッセージ
現在、動く映像を見るということは特別な経験でも何でもなくなってしまいましたが、その成り立ちやあり方は「近代」を生きる私たちの思考や経験に大きな影響を与えています。純粋に映画を楽しむことは、映画の歴史を学んだり、映像を分析することとは相容れないように思うかもしれません。しかし、映画を見る喜びから、世界への探究心も生まれるのです。スクリーン(あるいは画面)の中と外を繋ぐような視点をぜひ養っていただければと思います。
主要業績
『ジャン・ルーシュ:映像人類学の越境者』(共著、森話社、2019年); 「ヨリス・イヴェンスのエッセイ映画―『セーヌの詩』から『ロッテルダム・ユーロポート』まで」 『Arts and Media』 9号(2019); CinémAction n°165 Chris Marker : Pionnier et novateur (共著、Edition Charles Corlet, 2017);『クリス・マルケル:遊動と闘争のシネアスト』(共編著、森話社、2014年)
概説・一般書
『未来の記憶のためにークリス・マルケルの旅と闘い』(共編著、山形国際ドキュメンタリー映画祭、2013年)

2021年 6月更新